さわちゅう@行政書士

チューター型行政書士 さわちゅう 公式ブログ

みなさん,こんにちは。チューター型行政書士のさわちゅうです。もっと効率的に,合格するための勉強,そのHACKS!(「工夫する」「使いこなす」手法)の一端をここでお見せしたいと思います。業務や法的思考を養う記事,私生活(という名の日記)も書いていきますよー。プロフィールっぽいものはこちら。

2005年11月29日

破天荒

 井上薫判事が横浜地裁浅生重機所長の罷免を求め, 裁判官訴追委員会に訴追請求したそうだ。

 「今月二十五日付の訴追請求状で井上判事は『判決理由の長さを非難し、人事権と指名権を武器に改善を迫った浅生所長の行為は、 裁判官の独立を侵害する裁判干渉で違憲かつ違法だ』と主張している」そうな。(東京新聞より引用)

憲法76条3項
 すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、 この憲法及び法律にのみ拘束される。

 裁判官が裁判官を訴求することは極めて異例だろう。さすが井上判事というか,なんというか…。町村先生がおっしゃるように 「破天荒」な行動と評するのが適当かも。

  「天荒」とは,天地未開の時,混沌である様子を指し,それを破ることから「破天荒」という言葉ができた。 今まで誰もしなかったことをすることをさす。裁判所も内部組織的にはカオスがだいぶ広がっていそうなので, もってこいといえばもってこいの言葉である。

 今回のように自分の身体(進退?)がかかっている場合には,どのような手段にうってでても… というのは通常人の考え方に乖離するものではないし,ましてや合法的な行為である以上, 今回の井上判事の行動は不当に低い評価を受けるようなものではあってはならないように思います。権利は行使してこそ意味があるのですし…。

 ところで,私が破天荒と思われる考え方が実はかなり前に判例で否定されていたことを最近になって知りました。
 
 井上判事は自身の名誉毀損事件の控訴審で逆転勝訴しているようですが…。下級審で敗訴し, 上級審で勝訴した場合,実質的に下級審の判断は誤りであった(ないしは瑕疵が存在していた)のだから, それによって生じた損害を裁判官は賠償する責任を負わなければならないのではないか, というのが私の考えであった。

 流石に同じような考えを持っていた人がいたようで。( 最判昭和57.3.12

要旨: 裁判官がした争訟の裁判につき国家賠償法一条一項の規定にいう違法な行為があつたものとして国の損害賠償責任が肯定されるためには、 右裁判に上訴等の訴訟法上の救済方法によつて是正されるべき瑕疵が存在するだけでは足りず、 当該裁判官が違法又は不当な目的をもつて裁判をしたなど、 裁判官がその付与された権限の趣旨に明らかに背いてこれを行使したものと認めうるような特別の事情があることを必要とする。

 本文とは全く関係がないのであるが,カオスで思い出した。ビックリマンチョコが復活している☆あな,なつかし。初代は1985年に登場したそうで, 今年で20周年だそうだ。

 ちなみに私ももうすぐ20周年である。

posted by さわちゅう at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

プロフィール(っぽいもの)

著者:さわちゅう 行政書士・個人情報保護士 (司法書士受験生)
    合格支援チューター 遺言ソムリエ 必殺!起業請負人

1985年12月9日(雅子様やケロロ軍曹と同じ日),愛知県岡崎市に生まれる。以降,3歳のときから現在の自宅の場所にすむ。 全校生徒324人(当時)の小学校に通い,超進学校である中学(と同じ名前の公立中学)に通う。現在でも趣味の水泳のおかげで, 県立岡崎北高校に入学。入試の際には自身の誕生日が『障害者の日』であることを踏まえて乗り切った。以降, これがライフワークとなりつつある。

全国模試で全国5位(現役生3位)を獲得するものの,センター試験本番でこける。が,満センター併用型試験で, (実はまったく検討していなかった)南山大学法学部にすべりこみ入学。このときの経験から,受験生には自分の夢, 志望校合格を必ずしてもらいたい,そのサポートをしたい!と自分の使命を感じる。

大学入学とともに,大手予備校にてチューターとして,受験指導開始。その後,ミクシィを使ったサポート等も開始する。 受験指導の合間,受験に関する記事等も各種受験雑誌の依頼で執筆する。【人間の尊厳のために(Hominis Dignitati) という建学モットーに深く感銘を受ける。そこで,学生入試広報として,南山大学の広報活動に従事。

大学3年次より,東海地区大手の司法書士・土地家屋調査士・行政書士事務所にて補助者生活を開始。2008年3月, 大学卒業とともに大手予備校も退社。2009年1月行政書士試験合格。2009年6月15日,行政書士事務所を開設。事務所名は。 【人間の尊厳のために(Hominis Dignitati)】から名づけた。2009年10月, 行政書士受験生のためのサポートコンテンツ,【戦国マインド塾】開始予定。