さわちゅう@行政書士

チューター型行政書士 さわちゅう 公式ブログ

みなさん,こんにちは。チューター型行政書士のさわちゅうです。もっと効率的に,合格するための勉強,そのHACKS!(「工夫する」「使いこなす」手法)の一端をここでお見せしたいと思います。業務や法的思考を養う記事,私生活(という名の日記)も書いていきますよー。プロフィールっぽいものはこちら。

2005年09月12日

のまネコはモナー!?

 O-ZoneのCD、「恋のマイアヒ」のプロモーション映像に登場するキャラクター「のまネコ」をめぐり、2ちゃんねらーを中心に 『モナーに似てる』と大騒ぎ(お祭り)だ。CD販売元のavexはそれ以外にも当該キャラクターの製品を販売しているが、『「のまネコ」 の著作権を管理する有限会社ゼンと商品化契約を締結した上で使用』としている。

 で、著作権を管理している有限会社ゼンによると、

「のまネコ」は、インターネット掲示板において親しまれてきた「モナー」 等のアスキーアートにインスパイヤされて映像化され、 当社とエイベックスネットワーク株式会社が今回の商品化にあたって新たなオリジナリティを加えてキャラクター化したものですが、 皆様において「モナー」等の既存のアスキーアート・キャラクターを使用されることを何ら制限するものではございません。 何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 とのこと。町村先生が指摘されている通り、 これを読む限りではモナーをパックって二次的著作物を作ったと宣言しているのも同じであろう。うーん、 avexは自分たちの著作権に対してはうるさいし、ちょっと似ているだけでやんやいう会社なはずなんですけどねぇ。ついでに、 avexが2005年4月11日に出したプレスリリースから『新コンプライアンス・ポリシー』の著作権のところを指摘しておきます。

● 真似ても盗むな。
     1. 自社の知的財産権を保護し、他者の知的財産権を尊重する。
        ・会社の著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権等の知的財産権は適切に利用し、その権利を保全をする。
        ・他社の知的財産権を無断で使用しない。

 タイトルの部分が赤字になっていたが、今回の問題はこれに反するのでは? もちろん、当該事案ではエイベックスがパクったというわけではない。しかし、『真似た』とコメントした(ようにしか聞こえない) 会社=自社のコンプライアンスポリシーに反する会社と取引を行うのは、これはコンプライアンス・『ポリシー』に反することでしょう。

 それとも、モナーは『他社』の知的財産でないからいいのか? (これは誤植な気がしないでもない)
 『真似ても盗むな』は、「真似てもいいが、盗んではだめ」と解釈するのか??

posted by さわちゅう at 00:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今後、自分たちは真似ても原著作者の使用は制限しないであげます、ということになるのでしょう。
Posted by 町村 at 2005年09月13日 10:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

プロフィール(っぽいもの)

著者:さわちゅう 行政書士・個人情報保護士 (司法書士受験生)
    合格支援チューター 遺言ソムリエ 必殺!起業請負人

1985年12月9日(雅子様やケロロ軍曹と同じ日),愛知県岡崎市に生まれる。以降,3歳のときから現在の自宅の場所にすむ。 全校生徒324人(当時)の小学校に通い,超進学校である中学(と同じ名前の公立中学)に通う。現在でも趣味の水泳のおかげで, 県立岡崎北高校に入学。入試の際には自身の誕生日が『障害者の日』であることを踏まえて乗り切った。以降, これがライフワークとなりつつある。

全国模試で全国5位(現役生3位)を獲得するものの,センター試験本番でこける。が,満センター併用型試験で, (実はまったく検討していなかった)南山大学法学部にすべりこみ入学。このときの経験から,受験生には自分の夢, 志望校合格を必ずしてもらいたい,そのサポートをしたい!と自分の使命を感じる。

大学入学とともに,大手予備校にてチューターとして,受験指導開始。その後,ミクシィを使ったサポート等も開始する。 受験指導の合間,受験に関する記事等も各種受験雑誌の依頼で執筆する。【人間の尊厳のために(Hominis Dignitati) という建学モットーに深く感銘を受ける。そこで,学生入試広報として,南山大学の広報活動に従事。

大学3年次より,東海地区大手の司法書士・土地家屋調査士・行政書士事務所にて補助者生活を開始。2008年3月, 大学卒業とともに大手予備校も退社。2009年1月行政書士試験合格。2009年6月15日,行政書士事務所を開設。事務所名は。 【人間の尊厳のために(Hominis Dignitati)】から名づけた。2009年10月, 行政書士受験生のためのサポートコンテンツ,【戦国マインド塾】開始予定。