さわちゅう@行政書士

チューター型行政書士 さわちゅう 公式ブログ

みなさん,こんにちは。チューター型行政書士のさわちゅうです。もっと効率的に,合格するための勉強,そのHACKS!(「工夫する」「使いこなす」手法)の一端をここでお見せしたいと思います。業務や法的思考を養う記事,私生活(という名の日記)も書いていきますよー。プロフィールっぽいものはこちら。

2005年09月13日

個人情報『過剰保護』

 個人情報保護法の施行からはや5ヶ月。そろそろ忘れかけてきたころかな。 我が大学でもこれは過剰反応だろうと思うときが無きにしも非ずですが…全国津々浦々で個人情報の過剰保護の実態が明らかになってきた。

 都道府県警のほぼ半数が、被害者や書類送検の容疑者を原則匿名にしている。個人情報保護というより「被害者の保護」 「被害者側の希望」が主な理由としている。しかし、発生事実そのものを発表しなかったり、虚偽の情報を発表するケースもある。 逮捕されたものは原則として名前が公開されるが、書類送検では匿名が通常だ。

 そもそも、個人情報という言葉が独り歩きしすぎている。

 個人情報保護法に定める「個人情報」とは、「生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、 生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、 それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)」である(同法第2条1項)「識別」 の意味するところは広く解釈されるものとされており、顔写真や映像・音声などそれにより個人が識別できるもの、および、 単独では特定の個人を識別できないような情報であっても、他の情報と容易に照合することができ、 それにより特定の個人を識別することができるものであれば個人情報である。

 と、これが結構漠然と規定されているので問題が難しくなるところ。学生番号も個人情報?携帯番号やメールアドレスは個人情報? ただの記号や数字の羅列ではないのですか?(ま、それが特定の個人と結びつく状態であったならば個人情報かもしれませんが…)

 

posted by さわちゅう at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

プロフィール(っぽいもの)

著者:さわちゅう 行政書士・個人情報保護士 (司法書士受験生)
    合格支援チューター 遺言ソムリエ 必殺!起業請負人

1985年12月9日(雅子様やケロロ軍曹と同じ日),愛知県岡崎市に生まれる。以降,3歳のときから現在の自宅の場所にすむ。 全校生徒324人(当時)の小学校に通い,超進学校である中学(と同じ名前の公立中学)に通う。現在でも趣味の水泳のおかげで, 県立岡崎北高校に入学。入試の際には自身の誕生日が『障害者の日』であることを踏まえて乗り切った。以降, これがライフワークとなりつつある。

全国模試で全国5位(現役生3位)を獲得するものの,センター試験本番でこける。が,満センター併用型試験で, (実はまったく検討していなかった)南山大学法学部にすべりこみ入学。このときの経験から,受験生には自分の夢, 志望校合格を必ずしてもらいたい,そのサポートをしたい!と自分の使命を感じる。

大学入学とともに,大手予備校にてチューターとして,受験指導開始。その後,ミクシィを使ったサポート等も開始する。 受験指導の合間,受験に関する記事等も各種受験雑誌の依頼で執筆する。【人間の尊厳のために(Hominis Dignitati) という建学モットーに深く感銘を受ける。そこで,学生入試広報として,南山大学の広報活動に従事。

大学3年次より,東海地区大手の司法書士・土地家屋調査士・行政書士事務所にて補助者生活を開始。2008年3月, 大学卒業とともに大手予備校も退社。2009年1月行政書士試験合格。2009年6月15日,行政書士事務所を開設。事務所名は。 【人間の尊厳のために(Hominis Dignitati)】から名づけた。2009年10月, 行政書士受験生のためのサポートコンテンツ,【戦国マインド塾】開始予定。